DUOザブライトフォームとクレンジングバームを徹底比較!

このページではDUOの人気商品であるクレンジングバームと、新商品のザブライトフォームを比較してみました。

ザブライトフォームは「DUOザフォーム」という商品のリニューアル版で、欠点を克服して品質がかなりパワーアップしています。

両方ともネット上でも高い評価を獲得していて人気の商品ですが、

  • どうやって使い分けたらいいのか
  • それぞれのデメリットやメリット、
  • こんな人にはこっちがおすすめ!

などなど、徹底比較してみようと思います(*^-^*)

DUOザブライトフォームとクレンジングバームの比較表

 

 商品名特徴内容量価格(税別)アットコスメの評価
DUOザブライトフォーム(旧DUOザフォーム)高濃度炭酸泡洗顔で角質や毛穴の汚れをスッキリ&しっとり洗いあがる150g2,400円(定期便)

平均評価  5.5

口コミ件数1553件 (リニューアル前の「ザフォーム」の評価)

DUO ザ クレンジングバームとろけるクレンジングでフェイシャルエステ。洗い上がりがしっとり90g(約1ヶ月分)初回限定1,800円 通常3,600円

平均評価 5.2

その他クレンジングランキング1位

口コミ数4,521件

この表を見ると、どちらもアットコスメでの口コミ評価はかなり高くて人気ですね。

値段だけ見るとクレンジングバームのほうが高いですが、ブライトフォームにはメイク落としの機能はないので、クレンジングとして使える分クレンジングバームの方が高いと言えます。

クレンジングバームはW洗顔は基本的には要らないので、どちらかひとつ買うならクレンジングバームのほうが良いと思います。

では、それぞれの特徴や使用感などを詳しく比較していきますね!

DUOザブライトフォームの特徴

ザブライトフォームの最大の特徴は高濃度の炭酸泡洗顔ですね。

毛穴よりもはるかに小さいマイクロバブルが容器をプッシュするだけで出てきます。

この濃密でもっちりした泡が毛穴の奥の汚れや黒ずみ、くすみの原因となる皮膚の角質をスッキリ洗い流してくれます。

炭酸という言葉から想像できるようにシュワシュワとした非常に粒子が細かい泡が微細な汚れをキャッチしてくれるので、

普段落としきれない汚れまで落とすことが可能なんです。

 

で、その結果、クリアでくすみのない肌を導いてくれるんですね。  

 

もうひとつの特徴としてブライトフォームが入っている「容器」があります。

 

容器の中に炭酸ガスが充満しているので、容器の部分をプッシュするだけでモコモコの泡がシューっと出てきます。

だから、忙しい朝でも自分であわ立てる必要がないんですね。

洗顔ネットなどであわ立てる泡よりもはるかに濃密でモチモチしている泡がワンプッシュで出てきますので、時短で洗顔できます。  

さらに、炭酸泡をリペアマスクとして使うことで、ディープクレンジングケアができます。

 

週1回のスペシャルケアや、夜の洗顔時にじっくり泡をつけたまま時間を置くだけでマスクとしても使用できます。

洗い上がりはスッキリしっとりなので、フェイシャルエステのような効果が感じられますよ♪

ブライトフォームを買わないほうがいい人

ブライトフォームを買わないほうがいい人は、くすみや毛穴の汚れよりも乾燥が気になっている人ですね。

ブライトフォームは洗いあがりもしっとりですが、それでもマイクロバブルで汚れをしっかり落とすので水分の乾燥があるという口コミがありました。

私は乾燥肌でも問題なく使えましたが、ネットを調べると人によっては「スッキリしすぎる」という方もいます。

 

また、泡立てないタイプのジェルタイプやオイルタイプの洗顔料を使っているは使わないほうが良いかも。

ジェルやオイルは汚れを浮かせて落とすという感じなので、泡洗顔よりも肌の負担が少ないからですからね。

敏感肌の方で、泡の洗顔料が苦手な方にはおすすめしないです。  

 

あと、クレンジングバームを持っていない人やちゃんとしたクレンジングを使っていない人にもおすすめじゃないですね。

クレンジングがしっかりしていないと、メイクの汚れが肌に蓄積して肌荒れや乾燥、くすみの原因になりますから、クレンジングはめっちゃ大事ですよね。 

 

なので、まずは洗顔料よりもクレンジングにお金をかけていいものを使うほうが、美肌効果が高くておすすめです。

ブライトフォームがおすすめなのはこんな人

ブライトフォームがおすすめなのは肌のくすみや毛穴の汚れが気になっている人です。

ブライトフォームはマイクロバブルで毛穴の中の細かい汚れや、皮膚の表面のゴミをしっかり掃除してくれます。

その結果透明感があって美白肌に近づけるんです。  

また、いままで毛穴の掃除をしっかりする洗顔料を使ってつっぱったり、乾燥してしまった人にもおすすめです。

DUOクレンジングバームとザブライトフォーム比較

ブライトフォームは洗い上がりがスッキリしますが、程よく肌の水分をキープしてくれるので肌がしっとりしてつっぱりにくいです。  

汚れをしっかり落としたいけど、肌の保湿も一緒にやりたいという人には最適だと思います^^

 

続いて、クレンジングバームの特徴を簡単に紹介しますね。

DUOザクレンジングバームの特徴

DUOザクレンジングバームの最大の特徴はクレンジングからトリートメントまで1つ5役まで兼ね備えているところですね。

独自の技術のとろけるクレンジングで、クレンジング・洗顔・角質ケア・マッサージケア・トリートメントまでできます。

シアバターみたいなしっとりしたクレンジングで、汚れもメイクもしっかりとオフしながらもさっぱり&しっとりとした赤ちゃんみたいな素肌を目指せます。

W洗顔も不要なのも優秀ですね。

クレンジングバームは始めはワセリン?シアバターみたいに固まっているんですが、伸ばすとしっとり溶けて肌になじみます。

DUOクレンジングバームとザブライトフォーム比較

DUOクレンジングバームとザブライトフォーム比較

こんな感じで、見た目はワセリンとかロウソクのロウに近い感じですね。

DUOクレンジングバームとザブライトフォーム比較

DUOクレンジングバームとザブライトフォーム比較

手に伸ばすとジェルみたいにしっとりして肌になじみます。もの凄く溶けやすいバターみたいです!

DUOクレンジングバームとザブライトフォーム比較

こんな感じで透明でスベスベになりました。クレンジングとは思えないとろとろのテクスチャーですね( ;・∀・)

 

クレンジングバームはパラベンなどの旧表示指定成分・鉱物油・石油系油脂・石油系界面活性剤・合成香料・アルコール無添加なので敏感肌でも使えるのがよいです。

DUOザクレンジングバームの口コミ

ネットの口コミとかを見ていると、一番評価が高いのが、しっとりとした洗い上がりのようですね。

 

アットコスメでも肌がつっぱらないのがいいという口コミが多かったです。

シアバターのような、ろうそくのような。

クレンジング?という感じの、 バーム状のクレンジングで、付属のスパチュラを使ってジャーから取りだします。

手にのせた瞬間から、す~っと溶けるように、オイルっぽいテクスチャーに変わっていきます。

肌にのせ優しくこするだけで、メイクと馴染み簡単にメイクオフすることができます。

W洗顔不要で、しっかり、さっぱりと洗いあがるのに、はだがつっぱることなく、しっとりとしています。

マスカラやアイライナーなども、強くこすらなくても、しっかり落とせます。

クレンジング、洗顔の他、角質ケア、マッサージ、トリートメントにも使え、美容成分もたっぷり配合。

添加物不使用なので、肌に優しく、安心して使えるのも良いです。

アットコスメより引用~

クレンジングなのに肌に水分を補給できるので、保湿効果も感じられるという声が多いです。

DUOのクレンジングバームを買わないほうがいい人

クレンジングバームを買わないほうがいい人は個人的にはあまりいないと思っているんですが、クレンジングはやっぱりオイルタイプじゃなきゃ嫌!

という人は買わないほうがいいですね。

オイルタイプは油分も肌に補給しながら洗ってくれるので、クレンジングバームより水分を残してくれるものが多いです。

 

ただ、クレンジングバームもその辺のクレンジングオイルより全然しっとり仕上がりますけどね。

実際、ネット上の口コミを見ていてもオイルクレンジングが好きな人には低評価の傾向がありました。

 

バームが溶けてオイルになるんですが、その摩擦が肌に悪いという声もありました。

実際に使ってみた感触はバームが溶ける時はスッと溶けてなくなるので摩擦が起きるとかそういうのは全くなかったですけどね。

 

あと、値段がちょっと高いのでコスパが良くないという声もありましたね。

クレンジングバームがおすすめなのはこんな人

クレンジングバームがおすすめな人は毛穴の汚れもしっかり落としつつ、保湿効果もコスパも諦めたくないという方です。

角栓が取れて毛穴が目立たなくなるのがいいです。

少し値段が安いサンタマルシェを使ったことがありますが、毛穴の黒ずみ除去の効果はイマイチでした。

かといって、アルビオンエクシアALのジョイフルールクレンジングオイルは1万円もするからちょっと手が出ないですし^^;

毛穴や角栓に効果があるんですけど値段がちょっと・・ですね。

良いクレンジングを探しているけど、値段が高すぎないものがいい人にはぴったりですね。高品質でコスパがいいです。

 

あと、表示指定成分や合成保存料などが入っていないので、無添加の化粧品とかが好きな人にも向いてると思います。

 

私も敏感肌なので大変助かっています^^

DUOシリーズのブライトフォームとクレンジングバームの比較をまとめ

というわけでブライトフォームとクレンジングバームの比較をまとめると、

  1. 汚れをしっかり落とし肌のトリートメントまでできるクレンジングを探しているならクレンジングバーム
  2. 時短で毛穴の汚れやくすみと乾燥もケアできる洗顔料が欲しいならブライトフォーム
という感じですね。

私は忙しい朝はブライトフォームでササッっと時短でスッキリしっとり洗顔。

夜はクレンジングバームでメイクを落として、毛穴の奥の細かい汚れをザブライトフォームのリペアマスクで落としきるという使い方が一番しっくりきています!

 

なので、クレンジングバームもブライトフォームも持っていないようでしたら、

まずはクレンジングバームを買いましょう。正直、肌が生まれ変わると思います。

 

クレンジングは結構いいものを持っている場合は濃密炭酸泡洗顔のザブライトフォームを買うのがおすすめです!毛穴の奥の汚れや角質がスッキリして透明感があってくすみのない肌に近づけますよ^^ 

 

>>ザブライトフォームを購入してみる

>>クレンジングバームを購入してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です